滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

これ、すなわち生きものなり ( )

近江八幡市永原町にあるボーダレス・アートミュージアムNO-MAで、架空の生物がテーマの展覧会「これ、すなわち生きものなり」が開かれている。11月23日(月・祝)まで。

前期が9月12日(土)~10月18日(日)まで、後期が10月22日(木)から11月23日(月・祝)までの二期構成になっている。
前期8人、後期6人のアールブリュット作者と現代アーティスト作者の作品250点を、初の総入れ替え制でボーダレスに展示。

※取材時の写真はすべて前期の展示。後期は展示内容を変更する。

スペースを多く取り、展示表現の幅を広げ、作者一人一人の作品をじっくりと見れる様に会期を分け展示。
「アールブリュットも現代アートも、同じ空間で分け隔てなく感じていただきたい」と学芸員の横井さん。

「不思議な生きもの」の世界へ迷い込んでみてはいかが?

これ、すなわち生きものなり
■会期:前期2015年9月12日(土)~10月18日(日)
後期2015年10月22日(木)~11月23日(月・祝)
■開館時間:11:00~17:00
■休館日:月曜日(祝日の場合は翌日)
10月19日(月)~ 21日(水)は展示替えのため休館
■料金:一般300円(250円)、高大生250円(200円)、中学生以下・障害のある方と付き添い者1人は無料

【関連イベント】
〔講演〕「民俗社会のなかの妖怪たち」
架空の生きもの(妖怪や鬼など)を通じて、日本人が古くから暮らしの中で感じてきた、
見えない世界とのかかわりや、心のありようについてお話しいただきます。
日時:2015年10 月24(土) 13:30~15:00
講師:小松和彦(文化人類学者、民俗学者、国際日本文化研究センター所長)
会場:酒游舘(滋賀県近江八幡市仲屋町中21)
定員:60人(要予約/参加費無料)

〔放課後NO – MAワークショップ〕「まぼろしのヘンテコ蟲をつくろう」
日常の材料で作る空想の生きもの「ヘンテコ蟲」。名前や生息地なども自分で想像して世界に一つだけの生きものを作ります。
毎週水曜日はN O – M A に集まりましょう。
日時:毎週水曜日 15:30~16:30
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定員:7人(予約不要/参加費無料)
対象:小学生

〔夕暮れギャラリートーク〕
2015年10月24日(土) 16:00~17:00
会場:ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
定員:10人(予約不要/参加費無料)

 

●お問い合わせ
ボーダレス・アートミュージアムNO-MA
滋賀県近江八幡市永原町上16
TEL:0748-36-5018

< 2015年10月14日(水) 取材:福本明子 >

クリックアルバムトップへ

本ページの情報は取材時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright (C) 2016 Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ