滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

かんぴょうの収穫及び皮むき体験 ( )

2016年8月7日(日)、甲賀市にある水口テクノスファームで「かんぴょうの収穫及び皮むき体験」が行われた。これは水口岡山城の会が主催する「親子農業体験」の全4日ある第3日目のイベントで、県内外の家族7組が参加した。

最初はかんぴょうの収穫のため、畑まで歩いて移動。5月に行われた第1日目の「苗植え体験」から2ヵ月たった畑には、大きく育ったかんぴょうがいっぱい!それぞれ気に入ったかんぴょうを選んで収穫していた。選ぶポイントは丸くて水分を多く含んだもの。そのほうが後の作業の皮むきが楽なのだとか。

収穫を終えて全員で記念写真を撮った後は、ビニールハウスに移動して皮むき体験。専用の機械を使って、緑色の皮をむいてから、白い部分をなるべく長くむいていく。かんぴょうを回転させるペダルを踏みながら、皮むき器を押し当てていく作業は力加減が難しい。できるだけゆっくり回しつつ途中で切れないよう、参加者らは慎重に作業をすすめていた。

最後に別のビニールハウスに移動してかんぴょうを干す作業を体験。およそ1mの長さにまとめて、くっつかないように広げて干す。暑いハウスの中で、参加者らは汗を流しながらかんぴょうを干していた。

守山市から参加した中学1年生の女の子は「干す作業が楽しかった」と笑顔で話してくれた。「6月の第2日目のお菓子作り体験では、かんぴょうのラスクも作ったよ」とも。

そもそもかんぴょうは、水口岡山城の第3代城主、長束正家(なつかまさいえ)が全国に広めたといわれている。「このイベントを通して地元の野菜を知ってほしいです」と事務局の石神さん。
第4日目の「地元野菜の収穫体験&おいしさの秘密研究」はまだ参加者を募集している。
スイカやメロン、ナスなどの収穫と試食を予定しており、野菜のお土産もある。この夏の思い出に親子でぜひ体験してみては?

 

◆地元野菜の収穫体験&おいしさの秘密研究
日時:2016年8月20日(土)10:00~11:30
場所:島本バイム研究農場(甲賀市水口町水口6802)
対象:小学生・中学生の親子
定員:20組(定員になり次第締め切り)
※参加費無料

 

 

●お問い合わせ
水口岡山城の会 事務局
TEL:070-5509-4646

< 2016年08月9日(火) 取材:原田和泉 >

クリックアルバムトップへ

本ページの情報は取材時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright (C) 2016 Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ