バックナンバーはこちら Powered by 滋賀トヨペット株式会社


※写真は全て、クリックすると画面いっぱいに拡大してご覧いただけます。

Vol.105 C-HRで行く!新緑の湖東路

今回の湖国ドライブガイドは「滋賀トヨペット Sat八日市」から「C-HR」に乗って、自然豊かな東近江市へドライブに出かけました。
緑に包まれた森の中にある「ことうヘムスロイド村」でガラス工芸作家の工房を訪ねたあとは、2016年に誕生した「こども交通公園」で童心に返って遊びながら交通安全を学びました。
その後、爽やかな新緑ドライブを楽しみつつ永源寺方面へとクルマを走らせ、隠れ宿「日登美山荘」で山里の幸を堪能。木地師発祥の地として知られる蛭谷町にある「木工きたの」にも立ち寄り、木地師の技を体験させてもらいました。

●今回使用したクルマ●

C-HR
(カラー:イエロー)

2016年12月の発売以降、若い世代を中心に爆発的な人気となっている「C-HR」。人気の要因はこれまでのトヨタ車の常識を打ち破る、独創的なスタイルと走りです。
デザイナーの想いをそのまま形に、ダイヤモンドのブリリアントカットのように削ぎ落したボディは、独特なフォルムがカッコいいと評判です。
統一感があり、洗練されたインテリアは大人の色気を感じさせる上質な空間に仕上がっています。
ハンドルを握れば、SUVの特長である高い視点からの見晴らしの良さと安定した走りで、意のままにクルマを操る愉しさが感じられます。
今回使用したクルマはモデリスタのエアロキットを装着し、より個性的に。大自然でも街中でも際立つ存在感を発揮しています。
デザインと走りに特化した、おしゃれでカッコいい「C-HR」でドライブに出かけてみませんか?

※特別に許可を得て撮影しています


応募者の中から抽選で、素敵なプレゼントが当たります!
詳しくはページ下部をご覧ください



●今回訪れたところ●

| ことうヘムスロイド村 ガラス工房Azzurro | こども交通公園 | 日登美山荘 | 木工きたの |

■ことうヘムスロイド村 ガラス工房Azzurro

東近江市平柳町

※特別に許可を得て撮影しています



平成5年に開村した「ことうヘムスロイド村」は全国的にも珍しい、ものづくり作家が集まる村です。「ヘムスロイド」とはスウェーデン語で手工芸を意味します。
村の中には北欧風の可愛らしい4棟の工房と、ルンド(人が集まる場所、という意味)と呼ばれるセンターハウスがあり、童話の世界に迷い込んだようなロケーションが広がっています。ここで鉄や木など様々な素材をモチーフにした5組6名の作家が、日々創作活動に励んでいます。
その中のひとつガラス工芸作家・東敬恭さんの工房「Azzurro(アズーロ)」を訪ね、制作風景や作品を見学させていただきました。

<問い合わせ先>
■ことうヘムスロイド村 Azzurro
東近江市平柳町568 A棟
TEL:0749-45-0742
ヘムスロイド村入村料:無料
作品の販売も行っています
駐車場:あり

ホームページ:http://www.koto-hems.com/
ホームページ:http://www.azzurro.studio/



ドライブの出発地は「滋賀トヨペット Sat八日市」
明るく開放的なお店です

春らしい鮮やかなイエローの「C-HR」で
新緑の湖東路ドライブへ出発!

桜も満開で絶好のドライブ日和♪

森の中にある「ことうヘムスロイド村」にやってきました

木立に囲まれ深呼吸したくなる気持ち良さ!

村内は5棟の工房があり
自由に散策できます

ガラス工芸作家・東敬恭さんの
工房「Azzurro(アズーロ)」を
見学させていただきました

ギャラリーには素敵な作品がたくさんあります

大きな窓から日が差し込む工房は
ガラスを美しく魅せるのにぴったり

いろいろと手に取り光にかざしたくなります

経済産業省が認定する「The Wonder 500」に
選ばれたカラフルビアタンブラー
シンプルかつ温かみのあるデザインが人気です

東さんが心がけているのはガラスの意志を引き出すこと
作り込みすぎないガラスの自然な形が魅力です

ひとつとして同じものはないのも手仕事の良さ
お気に入りの一品を探してみてはいかが?

作品が生まれる現場を見学させてもらいました

炉の温度は1000℃以上
ガラスの作品はとても涼し気ですが
作る過程は熱さとの闘いです

パイプに息を吹き込むと
みるみる形が変わっていきます

パイプと繋がる部分を細く絞ります
ここがグラスの口になります

反対側はグラスの底になるように
木ごてで平らにします

目の前で作品が生まれる様子はとても感動的

吹きガラス体験も開催されています
(土曜日限定・3名以上で2週間前に予約必要)

2017年5月20日(土)・21日(日)には
年に一度の大イベント
「ヘムスロイドの杜まつり2017」が開催されます
たくさんの手作り作家が出店し多くの人で賑わいます


▲ページTOPへ

■こども交通公園

東近江市平柳町
「こども交通公園」は、センコー株式会社が創業 100 周年記念事業の一環として、「クレフィール湖東」内に 2016 年 に開設した施設です。
信号や交通標識もある公道をイメージしたコースをバッテリーカーで運転する「EVカードライビングコース」や、電車の運転体験ができる「キッズトレイン」、いろいろな遊具が揃った「アスレチックゾーン」があります。
交通安全を遊びながら学べ、親子連れはもちろん、大人も楽しむことができます。
周辺は湖東県立自然公園に指定されていて、雄大な湖東平野が見晴らせます。

<問い合わせ先>
こども交通公園
東近江市平柳町 22-3
TEL:0749-45-3850
営業時間:10:00~16:30
入園料:無料(乗り物は有料)
定休日:火曜日・金曜日
駐車場:あり

ホームページ:http://crefeel.co.jp/koutsu/



ヘムスロイド村から約10分
「クレフィール湖東」にやってきました

「こども交通公園」
センコー㈱が創業 100 周年記念事業の一環として
2016 年に開設した新しい施設です

「EVカー ドライビングコース」

公道をイメージしたコースには
信号や交通標識が設置されています

楽しみながら交通ルールが学べます

「キッズトレイン」

汽笛を鳴らして出発進行!

電車の運転体験ができます

いろいろな遊具が揃った「アスレチックゾーン」

センターハウス内にある「ラジコントラックタウン」

ラジコンに搭載したカメラの画像が
モニターに写しだされ
実際に運転している気分が味わえます

物流業界で働くいろいろなトラックを紹介する
「はたらく乗りものギャラリー」

小さい子どもが遊べるキッズスペースもあります

訪れた子どもたちが自分で考え決めた
交通安全の誓い
家族で交通安全について考えるきっかけにもなりますね

▲ページTOPへ

■日登美山荘

東近江市政所町

愛知川の渓流を眼下に見下ろす風光明媚な地にひっそりと佇む「日登美山荘」は、築200年の古民家を移築した料理旅館。宿泊は1日1組限定でゆったりと過ごせると人気です。事前に予約をしておけば日帰りでランチを楽しむこともできます。
新鮮なイワナをメインに、永源寺こんにゃくなどの地元食材や自家製味噌を使った料理は絶品です。
茅葺屋根の古民家や囲炉裏、川のせせらぎなど、非日常の世界でいただく山里の味が心を和ませてくれました。

<問い合わせ先>
日登美山荘
住所:東近江市政所町1691
TEL:0748-29-0112
営業時間:12:00~14:00(入店時間)
定休日:不定休
駐車場:あり

ホームページ:http://hitomi-sansou.main.jp/

★読者プレゼントあり!詳しくはページ下より



紅葉の名所・永源寺や永源寺ダムを越えて
奥永源寺へとクルマを走らせます

隠れ宿「日登美山荘」でランチを楽しみます

築200年の立派な茅葺民家

おばあちゃんの家にやってきたような
ほっとする居心地の良さです

宿泊は1日1組限定ですが
ランチは予約をしておけば日帰りで楽しめます

新鮮なイワナをメインとした
ワンプレートランチ(2350円/税込)

「いただきます!」

イワナの塩焼き
表面は「パリッ」中は「ふっくら」でおいしい!

新鮮なイワナだからこそ楽しめる刺身
身がしまっていてこりこりとした歯ごたえ

赤こんにゃくや丁字麩など地元食材をふんだんに使い
いろいろ少しずつ楽しめるワンプレート

手の込んだお料理ばかりで
どれも絶品です♪

囲炉裏も情緒があって
大人の隠れ家のようなお店でした

ご主人、奥様、息子さんと一緒に
とても気さくな方々でお喋りも楽しかったです

※掲載のメニューは2017年4月取材時のものです。

▲ページTOPへ

■木工きたの

東近江市蛭谷町

ろくろを使って木を削り、お椀やお盆を作り出す職人を木地師と呼びます。
この木地師発祥の地とされているのが奥永源寺の蛭谷・君ヶ畑地区です。今から1100年以上の昔、王位継承に敗れた惟喬親王がこの地に隠棲し、木地を加工する技術を伝えたといわれています。
「木工きたの」の北野さんは、そんな伝統技術を受け継ぐ貴重な木地師のひとり。希望すれば工房見学やろくろを使った制作体験で伝統の技に触れさせてもらえます。


【ろくろ体験教室】※事前予約必要
4寸~6寸の小皿制作
所要時間:約40分
料金:1800円~

<問い合わせ先>
木工きたの
住所:東近江市蛭谷町193
TEL:090-6558-7548・FAX:0748-29-0308
営業時間:10:00~16:00
定休日:水・木曜日
駐車場:あり




風情ある集落をさらに奥へと進んでいくと

木地師発祥の地・蛭谷町にある
「木工きたの」へやってきました

ギャラリーの中に入ってみましょう

木目の紋様が美しいカップやお椀

使う木によって木目はもちろん
手触りや風合いも変わってくるそうです

木が持つ温かさや美しさを最大限に生かすのが
木地師の腕の見せ所です

蛭谷町で唯一の木地師として生きる北野清治さん
工房でろくろ体験させてもらいました

粗削りされたものを使って小皿と小鉢を作ります

大きな彫刻刀のようなバイトと呼ばれる道具を使って
削っていきます

刃をあてる角度を調整しながら慎重に…

「結構力もいるし、難しい~」

段々と真剣な表情に

最後にやすりをかけて目地を整えたら出来上がり!

紋様が美しい素敵な作品ができました

お世話になった北野さんと記念に♪
工房の裏には川が流れていて絶好のロケーションでした

夕暮れのダム湖を眺めつつ帰路へつきました

▲ページTOPへ


今回使用したクルマ


※特別に許可を得て撮影しています

(カラー:イエロー)



フロント

鋭く力強いフロントマスクを演出する
翼形状のLEDヘッドランプ
※ G, G-Tグレードにメーカーオプション

クラストップレベルの燃費性能と
走りの楽しさを追求した
先進のハイブリッドカーです

モデリスタエアロキット
フロントスポイラー
※販売店オプション

サイド

モデリスタエアロキット
サイドスカート
※販売店オプション

18インチアルミホイール

モデリスタ リヤスカート
※販売店オプション

リヤコンビネーションランプ
(LEDタイプ)
※ G, G-Tグレードにメーカーオプション

空力性能を考えてデザインされた
リヤスポイラー

モデリスタ マフラーカッター
※販売店オプション

スタイルに溶け込むように配置されたリヤドアノブ
子どもでも手の届く高さに計算されています

ダイヤモンドをモチーフに多面的で立体的なデザイン
光の角度によって表情が変わります

乗り降りしやすい高さです。

後席をフルフラットにすれば
大容量のラゲージスペースが出現!

すっきりとしたデザインのインパネ

ドライバーの操作性を重視し
クルマとの一体感が感じられるドライバー席

ハイブリッドシステムエネルギーモニター

エアコンの調節は直観的な上下操作で行える
スイッチを採用

インテリアは落ち着いたカラーで
洗練された大人な雰囲気

車内にもダイヤモンドをモチーフにした
遊び心あるデザインが満載

天井にはダイヤ柄のくぼみ

こんなところまで!

大自然でも街中でも際立つ
鮮やかなイエローの「C-HR」

思わずアクセルを踏み込みたくなる加速の良さです

大きすぎず、小さすぎず
普段使いしやすいボディサイズで
女性にも人気です

C-HRに関するお問い合わせは、滋賀トヨペット Sat八日市
住所:東近江市沖野2-14-1  TEL:0748-25-2111
※この記事は2017年4月14日に取材した内容に基づき構成しています。
掲載内容から変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。
応募者の中から抽選で、素敵なプレゼントが当たります!

A.滋賀トヨペット様より以下のC-HRオリジナルグッズをセットで3名様に
1)C-HRオリジナルポストカード 2)C-HRオリジナルノート 3)C-HRオリジナルクリアファイル


B.日登美山荘様より 「500円の割引券」5名様


抽選へのご応募はページ下より
【応募締め切り:2017年6月10日(土)まで】

プレゼント応募はこちらより
▲ページTOPへ