カムリで訪れる!古都・奈良で日本の魅力を再発見

Vol.109 カムリで訪れる!古都・奈良で日本の魅力を再発見

今回の湖国ドライブガイドは「滋賀トヨペット ウエルコム栗東」から、2017年7月に発売された「カムリ」に乗って、日本の古き良き文化が残る古都・奈良へ。
国産第一号テレビをはじめ、家電史に残る画期的な商品を数多く開発してきた「シャープ」。その歴史と技術が学べる「シャープミュージアム」で、大正から現在にかけての日本のものづくり技術の素晴らしさを学びました。
ランチは三輪素麺の老舗「三輪山本」で、奈良に伝わる食文化を味わい大満足。
創業380年の筆メーカー「あかしや」では奈良筆の筆づくり体験で、繊細な伝統技術を体感しました。
新しく奈良の観光拠点としてオープンした話題の施設「鹿の舟」にも立ち寄ってきました。

今回使用したクルマ

カムリ G (カラー:エモーショナルレッド)

2017年7月、新たにラインナップに加わった「カムリ」。
高い熱効率・高出力を両立した2.5Lエンジンと、小型・軽量化されたハイブリッドシステムを搭載した、上質スポーティセダンが誕生しました。
躍動感あふれる流麗なエクステリアは、前から後ろへと続く伸びやかでエッジを効かせたシャープなラインが、スポーティな走りを予感させてくれます。
インテリアは、ドライバーを囲うスポーティな空間と広がり感を両立するとともに、隅々まで質感を追求しています。
また、後席は大人3人が並んでもゆったりと座れる広さで、膝まわりの心地よい“ゆとり”が快適なドライブをもたらします。
エモーショナルで美しいデザイン、意のままの走り、上質な乗り心地を実現した「カムリ」は、大人のセダンとして人気を集めています。

シャープミュージアム

シャープペンシルの発明にはじまり、暮らしと社会の夢を実現し続けてきた「シャープ」の歴史や技術が学べる企業ミュージアム。その原点は、創業者・早川徳次の「他社にマネされる商品をつくれ」という言葉にあるそうです。
ミュージアムは歴史館、技術館の2つから構成されています。国産第一号の鉱石ラジオ、カラーテレビや電子レンジ、世界初のオールトランジスタ・ダイオード電卓など、業界をリードしたシャープの革新的な技術の軌跡や、新たな時代の幕開けを予感させる最先端技術の一端が紹介されています。
案内スタッフによる解説を聞きながらの見学なので、わかりやすく楽しく学べます。
※特別に許可を得て撮影しています

<問い合わせ先>

シャープミュージアム
奈良県天理市櫟本町2613-1
TEL:0743-65-0011
開館時間:9:30~17:00(入館は16:00まで)
定休日:土・日・祝祭日及び会社休日
入場料:無料 ※事前に見学予約必要
駐車場:あり
コチラのHPを見る!

三輪山本

日本の手延べ素麺の元祖とも呼ばれる「三輪そうめん」の伝統を守り続け、創業300年を迎えた「三輪山本」。
奈良県桜井市にある本社には土産物店やお食事処も併設されていて、いつも多くの観光客で賑わっています。
製法と原料にこだわった最高級手延べ素麺は、それまでの素麺のイメージをくつがえす感動ものの美味しさ!
奈良を訪れたときにはぜひ食べてほしい逸品です。
※特別に許可を得て撮影しています

<問い合わせ先>

三輪山本
奈良県桜井市箸中880
TEL:0744-43-6661
営業時間:9:00~17:00(お食事処は11:00~15:30)
定休日:年末年始(お食事処は12/26~1/2休業)
月曜に不定休の設定あり⇒コチラをクリック!
駐車場:60台
コチラのHPを見る!

あかしや

日本で最初に筆が作られたのは奈良の地だったと言われています。
江戸時代末期に筆問屋として看板をあげた「あかしや」は、奈良筆の伝統を継承し続けてきた老舗の筆専門メーカー。
最近では長年の筆づくりノウハウを生かし、使いやすさにこだわった高品質の化粧筆が人気を集めています。
ショールームでは奈良筆や化粧筆の試筆もでき、伝統の技に触れられる「筆づくり体験」も行われています。

【筆づくり体験】太筆・細筆セット
体験:平日10:00~17:00(最終受付16:00)
体験時間:約60~90分
料金:1,620円(税込)
※特別に許可を得て撮影しています

<問い合わせ先>

あかしや
奈良県奈良市南新町78-1
TEL:0742-33-6181
営業時間:10:00~17:00
定休日:日曜・夏季休暇・年末年始
駐車場:22台
コチラのHPを見る!

鹿の舟

2015年、奈良町(ならまち)の南の玄関口にオープンした「鹿の舟」は、観光案内所、食堂&グローサリー、喫茶室の3つの建物からなる複合施設で、新しい奈良の観光名所として注目されています。
「鹿の舟」という名前には、奈良を訪れる人、奈良に暮らす人…いろいろな人や大切なものをのせて、次の目的地へ進んでいく舟のようでありたいという想いが込められているそう。
それぞれに「繭-mayu」、「竈-kamado」、「囀-saezuri」と名付けられた施設は、古い奈良の町並みにもしっくり馴染む趣きある建物で、異なる雰囲気のゆったりとした時間が流れています。 ※特別に許可を得て撮影しています

<問い合わせ先>

鹿の舟
奈良県奈良市井上町11

繭-mayu
TEL:0742-94-3500
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休

竈-kamado
TEL:0742-94-5520
営業時間:8:00~18:00(食事は~15:00。ご飯がなくなり次第終了)
定休日:水曜日

囀-saezuri
TEL:0742-94-9700
営業時間:11:00~18:00(土日祝8:00~)
定休日:水曜日

コチラのHPを見る!

今回使用した車

カムリ G (カラー:エモーショナルレッド)

カムリ G ※特別に許可を得て撮影しています

カムリに関するお問い合わせは、 滋賀トヨペット ウエルコム栗東 住所:栗東市大橋7-3-17 TEL:077-552-4151

※この記事は2017年8月21日に取材した内容に基づき構成しています。
掲載内容から変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。