滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

八幡堀の清掃を12年も継続!
「まちづくり功労賞」を市長から受賞

掲載日: 2016.11.5

素適な人トップ

「素適な人」の投稿は → こちら

白井貞夫さん(近江八幡市在住)

近江八幡市在住の白井貞夫さんは、平成17年から現在に至るまで毎朝一人で約2時間、八幡堀周辺を清掃。このひたむきな姿が人々の共感を呼び起こし、市民制作ドキュメンタリー映画「結い魂(ゆいごん)」で紹介され、これが認められてまちづくり功労表彰を受賞。

雨の日も雪の日もたった一人で

平成17年から平成26年まで、白井さんは「八幡堀を守る会」の会長を務め、夏冬問わずゴミをすくい取るために網を持って毎朝清掃活動を続けて来た。行動するときはいつも一人。草を引いたり、網でゴミをすくったり、2時間ほど掛けて八幡堀周辺を清掃。空き缶、ペットボトル…ときにはテレビ、自転車までが捨てられている状況にもめげず、ゴミを集め、処理して来た。
「今から40年余り前、八幡堀は一旦埋め立てが決まり、昭和48年から工事が始まりました。しかし、当時の青年会議所の人達の運動によってこれが中止され、計画が見直されて新たにヘドロの浚渫(しゅんせつ)工事が行われ、両岸に遊歩道も設置されて今日のような美しい姿によみがえって来たわけです。しかし、ゴミが捨てられる状況は少なくなったとは言え、その後も完全には無くならず、遠方からの観光客も増えたので少しでも美しく、お役に立てればと考えたのです」

清掃のお蔭で体重が減少して健康に

最初は網を持ってゴミを拾うことが恥ずかしかったという白井さんだが、続けているうちに散歩をする人達から「ありがとう」「ごくろうさまです」と声を掛けられるようになり、嬉しくて、楽しくなって来たと言う。また、水辺に集まるシラサギ、鵜(う)、鯉(こい)などが見られるのも楽しく、同時に早朝の空気のおいしさを知るようになった。
一方、堀ぞいの家の人達が自主的に掃除されるようになり、老人会の方々も手伝って下さるようになってきた。
「ゴミの量がだんだん少なくなり、水と緑に恵まれたこの八幡堀が益々好きになりました。さらに72㎏も有った体重が毎年少しずつ減り、今では58㎏になって健康になりました」と白井さん。

映画で白井さんの活動が紹介され、まちづくり功労賞を受賞!

2011年、白井さんのボランティア活動が市民制作ドキュメンタリー映画「結い魂(ゆいごん)」で紹介され、今でも県内外で上映されている。さらに、これまでの功績が認められ、昨年には市長から「まちづくり功労賞」を受賞。
「大病することなく、健康でいられるのは掃除で早起きをして来たおかげです…。『おかげさまで』という言葉が今では大好きになり、このまま当分は続けていきたいと思っています。毎年、八幡堀まつりや魚釣り大会などのイベントが開かれています。少しでも多くの人に八幡掘を美しくする活動にご参加願えればと思っています」(取材・鋒山)

◆お問い合わせ
滋賀県近江八幡市永原町中五
白井貞夫
TEL :0748-32-4598

 

 

素適な人トップへ

本ページの情報は作成時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright (C) 2016 Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ