滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

桟敷窓アートと歴史に触れるひととき!日野町の秋を散策 ( )

2015年10月17日(土)、18(日)日野まちなか歴史散策と秋の桟敷窓アートが開催され、普段は静かで趣のある街並みが観光客で賑わっていた。

蒲生家の城下町、日野商人のふるさとである日野町は、全国的にも珍しい桟敷窓のある風流な街並み。「桟敷窓アート展」は日野町の大窪から村井にか けての通りで開催。毎年、10月には桟敷窓のある屋敷を借り切り、地元の工芸作家の作品を展示・販売。「趣ある日野の街を散策しながら、歴史と文化に触れ て欲しい」と世話人である中田 穣さんは話す。

日野の歴史を紐解く場所・・・是非とも近江日野商人館を訪れてほしい。近江日野商人のルーツなどを詳しく学ぶことが出来る。現在は、秋季企画展 「日野商人の街の蓄音機展」が開催中(~11月29日まで)。今回の企画展にあたって、日野町民に蓄音機の出品をお願いされたところ、ものの十日間で約二 十数台の申し出があったとか。蓄音機は、およそ100年前の明治時代末から昭和初期に掛けての時代に、上流家庭としてのステイタスを意識されるハイカラ洋 品としても、もて囃されていたそう。今回、集まった蓄音機やレコードには、最古の国産蓄音機「ニッポノホン」や「ユーホン」など、マニア垂涎の展示となっ ている。

近江日野商人館で日野町の歴史や文化に触れた後、敷窓のある街並みを散策。
木工細工、パッチワーク、手まり、日野椀、陶芸などの工芸作家の作品を手に取り眺め、気に入ったものを購入し作家さんとの会話を愉しむ。町内の方々が演奏されている祭り囃子に手拍子を打ちつつ。訪れた人々は秋のひとときをのんびりと楽しんでいた。

◆桟敷窓って、なあに?
800年以上の歴史のある日野祭は御輿や曳山が町内を巡行して豪華絢爛。
祭を家の中に居ながらにして見物できる様に仕掛けられた窓が桟敷窓の仕掛け。
通りに面した家の板塀を四角にくり抜いて、その窓に御簾(みす)を垂らし緋毛氈(ひもうせん)をかけて見物席をつくる。
年に一度の日野祭の為だけに桟敷窓をしつらえた家造りとなっている。

=====================

◆近江日野商人館・秋季企画展「日野商人の街の蓄音機展」◆
・蓄音機26機とともに初期の出張録音盤やSP片面盤を多数展示
・昔の蓄音機でSP盤の試聴もできます。
【期 間】10月17日(土)~11月29日(日)
【時 間】9:30~16:00
【場 所】歴史民俗資料館 近江日野商人館(蒲生郡日野町大窪1011)
【料 金】大人300円 小・中学生120円
【休 館】月・火曜日(祝日の場合翌日)

●秋季企画展に関するお問い合わせ
近江日野商人館
TEL:0748-52-0007

======================

●お問い合わせ
日野町観光協会・事務局
〒529-1604滋賀県蒲生郡日野町村井1284
TEL:0748-52-6577

< 2015年10月19日(月) 取材:髙木優 >

クリックアルバムトップへ

本ページの情報は取材時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ