滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

やわらかな灯りに包まれ夕涼み「はやしの里・あかりの演出」 ( )

2016年8月16日(火)、栗東市林地区の新善光寺および長徳寺周辺にて「はやしの里あかりの演出」が開催された。幻想的な露地行灯の灯りにいざなわれ、そぞろ歩く。そのやわらかな灯りは新善光寺へと続き、ライトアップされた山門へとたどり着く。

 

新善光寺では万燈会が行われ、境内から参道一帯が灯りに包まれていた。境内の散策のほか、普段は入ることが出来ない山門楼上や戒壇めぐりが、万燈会の日のみ公開されるとあって、一年で一度の貴重な時間となりそうだ。新善光寺の山門楼上・戒壇めぐりは特別拝観券を当日17:00より新善光寺山門前にて500円で発売。境内散策・万燈会は無料。(2016年8月現在)

 

今回で9回目となる「はやしの里あかりの演出」。イベントを始めたきっかけは、観光開発のために訪れた石川県で見た、あかりのイベントだそうだ。当初は地域のイベントとして始まった「はやしの里あかりの演出」も、回を増すごとに来場者も増えてきている。「市外・県外からも、多くの方に来てほしい」と栗東市観光物産協会の山下さん。

 

イベントエリアの中心にある林公民館では、栗東市の物産展が開催されていた。栗東市のマスコットキャラクターの「くりちゃん」グッズや、目川ひょうたん、おかき、馬の蹄鉄のお守りなどが並び、栗東観光PR使節の近藤さんと松浦さんも物産展を盛り上げていた。また、公民館前の広場には子ども達が書いたかわいい絵の行灯が並べられた。20:00になると、炎による「大文字」が灯された。

栗東では、このような灯りのイベントが年間4回開催されている。5月には六地蔵にて「梅ノ木立場あかりの演出」、8月には今回の「はやしの里あかりの演出」を開催。このあと10月23日(日)目川・岡地区「東海道ほっこりまつり・あかりの演出」、11月12(土)・13日(日)の2日間、荒張地区で「金勝寺 あかりの演出」が予定されているので、ぜひ出かけてみては!

 

 

●お問い合わせ
栗東市観光物産協会
TEL:077-551-0126

 

 

< 2016年08月18日(木) 取材:雲林院由美 >

クリックアルバムトップへ

本ページの情報は取材時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ