滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

分割から100年
よみがえる佐竹本三十六歌仙 ( )

京都市東山区の京都国立博物館で、特別展「流転100年 佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美」が開催されている。(11月24日まで)
飛鳥時代から平安時代に活躍した和歌の名手36人を描く歌仙絵。中でも「佐竹本三十六歌仙絵」は鎌倉時代の名品として高い価値を持つが、1919(大正8)年に一歌仙ずつ分割され、当時の財界人や数寄者といった別々の所有者のもとに秘蔵された。
今展では、離ればなれになった断簡31点をはじめ、分割した歌仙絵をくじ引きで決めるときに使った花入れや、和歌にまつわる王朝文化の粋を集めた品々などが展示されている。

 

■会期:11月24日(日)まで
■時間:火~木・日/9:30~18:00
金・土/9:30~20:00(入館は閉館の30分前まで)
■観覧料:一般1600円、大学生1200円、高校生700円、中学生以下無料
■休館日:月曜日、11月5日(火)
※ただし、11月4日(月・祝)は開館
■その他:詳しくはHPをご覧ください

< 2019年10月18日(金) 取材:髙山博光 >

クリックアルバムトップへ

本ページの情報は取材時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ