滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

土木遺産を訪ねる 仏生山隧道 ( )

彦根市と米原市の境に、東海道本線のトンネルだった仏生山隧道(むしやまずいどう)が残っている。
1889(明治22)年の開通当初は、山からの落石などで度々脱線事故が起こっていたという。災害から車両や線路を守るために隧道(トンネル)を築き、単線から複線となった1897(明治30)年代初めに2連の隧道へと改築された。その後、電化に伴い新たな線路が琵琶湖寄りに敷設される1956(昭和31)年まで使われていた隧道だ。廃線跡に残る隧道は、木々が枯れる冬場に車窓から少し見られる。

< 2020年06月8日(月) 取材:雲林院由美 >

クリックアルバムトップへ

本ページの情報は取材時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

  • 現在、該当の記事の登録はありません。

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ