滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

ボクの妻と結婚してください。

[エリア: ]

2016年11月5日 (土) ~ 2016年12月5日 (月)

掲載日: 2016.10.12

街角・イベント情報トップ

「街角情報」の投稿は → こちら

(C)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」
製作委員会

『 ボクの妻と結婚してください。 』
【2016年11月5日(土)ロードショー】

 
滋賀県内上映会館
■大津アレックスシネマ
■彦根ビバシティシネマ
■イオンシネマ近江八幡
■イオンシネマ草津
■水口アレックスシネマ

 

 

【ストーリー】
妻になんて言おう。最初によぎったのはそんな想いだった。三村修治。
職業、バラエティ番組の放送作家。12本ものレギュラーを抱え、このところ忙し過ぎるとは思っていた。
感じた異変。検査を受けて下されたのは驚くべき診断だった。すい臓がん。しかも末期。余命6か月。1日でも長く延命し家族と静かに過ごす。それこそが正しい最期の過ごし方。だが。どうも面白くない。
放送作家として修治は、今までずっと世の中の色々なことを好奇心で『楽しい』に変えて来た。そんな思いから、あれこれ企画を練り始める。
家族に遺せる『最期の企画』。
現在、妻・彩子は専業主婦。まだ小学生の息子、陽一郎を抱え苦労するだろう。
そして気丈そうに見えてもろいところがある。
何とかして笑顔にしてあげられないか?
見かけたのは結婚相談所の看板。振り返る花嫁。そうだ。修治は思いつく。

自分がいなくなっても、妻が前向いて進めるように。『妻の結婚相手を探そう!』

そんなひらめきを胸に修治は突っ走る。
まずは婚活市場を勉強。自身も同僚の手を借りてお見合いパーティーに潜入。更に元仕事仲間の知多かおりが現在結婚相談所の社長であると知り……。なんとか協力を取り付けて、妻にとって最高の結婚相手を探し出してもらう。『婚活』を続けているとやがて現れる、奇跡のような相手、伊東正蔵。インテリア会社社長。真面目で誠実、加えて独身。

まさに命を懸けた一世一代のプロジェクト、そして迎える最高のエンディングとは?
ある夫婦の物語。今、始まる。

 

 

■出演
織田裕二 吉田羊 原田泰造 高島礼子

■監督
三宅喜重

 
■原作
樋口卓治「ボクの妻と結婚してください。」(講談社文庫刊)

■脚本
金子ありさ

 
■音楽
菅野祐悟

 

 
コピーライト:(C)2016映画「ボクの妻と結婚してください。」製作委員会

街角・イベント情報 一覧へ

本ページの情報は作成時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ