滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

2019年夏季特別展Ⅰ
謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男―

[エリア: ]

2019年06月8日 (土) ~ 2019年07月15日 (月)

掲載日: 2019.05.8

街角・イベント情報トップ

「街角情報」の投稿は → こちら

「謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男―」(MIHO MUSEUM)に10組20名様ご招待
【 5/30 締切】

ご応募の受付は、 2019年05月30日(木)をもって締め切りました。
多数のご応募ありがとうございました。

槙鹿蒔絵菓子重
江戸時代 18世紀 個人蔵
撮影:山崎兼慈

刷毛目塗燕子花蒔絵螺鈿菓子盆 10枚の内
江戸時代 18世紀 個人蔵
撮影:山崎兼慈

槙鹿蒔絵螺鈿料紙箱・硯箱
江戸時代 18世紀 京都国立博物館蔵

つぼつぼ蒔絵盃台・共箱
江戸時代 18世紀 個人蔵
撮影:森仁

2019年6月8日(土)~7月15日(月・祝)まで、
MIHO MUSEUMで、2019年夏季特別展Ⅰ「謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男―」が開かれる。
江戸時代中期(18世紀)に、京都で活躍した蒔絵師永田友治。その作品は、尾形光琳風の意匠に倣い、独自の技法を用いて漆工芸史上にしっかりと足跡を残しています。
本展では、多くの友治作品を展観し、化学分析による研究成果も交えて友治の魅力にせまります。
※友治の「友」は右肩に点あり

 

 

 

■会期
2019年6月8日(土)~7月15日(月・祝)
※会期中一部展示替えあり

■時間
10:00~17:00(入館は16:00まで)

■場所
MIHO MUSEUM
(滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300)

■入館料
一般1100円、高・大生800円、小・中生300円
(20名以上の団体は各200円割引)

■休館
月曜日
※ただし7月15日(月)は開館

 
■関連イベント
【講演会】
「謎の蒔絵師 永田友治」
◇講師:高尾 曜(国立能楽堂 調査資料係長)
◇日時:6月30日(日)13:30~15:00
◇場所:南レクチャーホール
◇定員:100名
◇参加費:無料(要入館料)
※予約不要(当日美術館棟受付にて整理券配布)

 

 

【ギャラリートーク】
桑原 康郎(MIHO MUSEUM学芸員)
◇日時:6月8日(土)、22日(土)、7月13日(土)
いずれも13:00~14:00
◇定員:20名
◇参加費:無料(要入館料)
※予約不要(当日美術館棟エントラスに集合)

 

 

 
●お問い合わせ
MIHO MUSEUM
TEL:0748-82-3411

「謎の蒔絵師 永田友治 ―尾形光琳の後継者を名乗った男―」(MIHO MUSEUM)に10組20名様ご招待
【 5/30 締切】

ご応募の受付は、 2019年05月30日(木)
『当選者の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます』

街角・イベント情報 一覧へ

本ページの情報は作成時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ