滋賀県の観光ガイドやエリアガイド、グルメガイドなら滋賀ガイド。地域情報満載です!

滋賀ガイド!

滋賀ガイド!トップへ

前のページへ

掲載日: 2013.09.10

素適な人トップ

「素適な人」の投稿は → こちら

Music Studio Y’s 野村 祐子さん、朋子さん(大津市在住)

今年4月、ピアニストの野村祐子(のむらゆうこ)さんと、バイオリニストの野村朋子(のむらともこ)さんの姉妹が大津市で音楽事務所「Music Studio Y’s(ミュージックステューディオ ワイズ)」を設立した。
自分たちの演奏活動だけではなく、生徒への基本レッスンやアンサンブルなど、楽器演奏の枠を超えた教育研究活動を行い、演奏者や学習者を多方面から幅広くフォローしているユニークな音楽事務所だ。

コンサートから教育研究活動まで

朋子さん主催の「MOCO KIDS ORCHESTRA」の演奏会

一般的にコンサートを企画する場合、まずテーマを考え、続いて楽器構成や演奏者を決め、演奏曲目や出演者の構成を検討していく。コンサートの企画は音楽事務所の活動の中で重要なポジションを占めている。
今回取材した「Music Studio Y’s」は、大ホールのコンサートから小さなホームコンサートまで、音楽イベントの企画や演奏者の派遣だけでなく、コンサートスタッフの仕事や指導者の勉強会にまでフィールドを広げている。
さらに、音楽高校や音大受験に必要なソルフェージュ(基礎になる音の聞き取りや読み書き)も行なうなど実に多彩だ。ピアノとバイオリンの生徒がアンサンブルで学ぶこともあり、専攻以外の楽器に触れることもできる。

留学で音楽の広さ学ぶ

こんなユニークな音楽事務所を姉妹が設立した理由は、2人の留学体験にあった。
祐子さんは京都市立芸術大学音楽学部を卒業後、アメリカのマンハッタン音楽院に留学。言葉の壁に悩み、何度もやめて帰国しようと思いながらも分厚い教科書と格闘したという。
「必死で教科書にかじりつきました。だからこそ、プログラムの組み立てやピアノの教え方など、演奏以外の知識がしっかり身に付いたと思います。これが今の事務所運営に役立っています。日本で同じことを習っても聞き流していたと思います」
一方、朋子さんは同志社女子大学学芸学部の音楽学科を卒業後、チェコのプラハ音楽院で音楽の分析に裏付けられた演奏法を勉強。帰国後、演奏活動とレッスンの二足のわらじを履くことになった。その後、レッスンのウエイトがどんどん増すにつれて演奏活動のブレーキになっているのではないかという悩みが大きくなっていった。
吹っ切れたのは3年前。コンサートで子どもたちと共演した時、驚くほど成長している子どもたちに逆に教えられた。
「子どもたちと音楽を共有するのはこんなにも感動的なことなんだ!心からそう思えるようになりました。子どもたちが誇らしく、そして彼らの上達や成長に、自分の音楽も育てられていることを実感しました」

新しい形の音楽活動を

こんな経緯があって、演奏会のプロデュースから人材育成まで幅広く活動をしていきたいという2人の思いが一致し、事務所設立を決意した。
今年6月、手始めに近江八幡の「西の湖夕日コンサート」を手掛けた。これは座布団に座ってクラシックを聞くユニークなもので、幅広い年齢層から好評を得た。
さらに8月から表現力を高めるワークショップ「音楽の学校」も開催。小学校の先生など多分野のプロを講師に招き、楽器演奏の枠を超えた楽しいものにしている。
これまでに無かった新しい形の音楽活動が、これからどのように花開いていくか楽しみだ。
(取材・澤井)

 

素適な人トップへ

本ページの情報は作成時のものであり、変更されていることがあります。あらかじめ御了承ください。

おすすめ情報

クルマでおでかけ!湖国ドライブガイド

おすすめアルバム

今週のプレゼント

おすすめランチ

Copyright © Yamapla Corporation. All Rights Reserved.

滋賀県のプランニングとデザイン、ホームページ制作をサポートする株式会社ヤマプラ